記事一覧

ホストの男性

ホストバイトで得られる様々な特典

ホストの仕事で大変なことを前述しましたが、それらの大変さがあるからこそ得られる特典もたくさんあります。 では実際にどんな特典があるのかを詳しく紹介していきます。 まずは人間力が磨かれるということですが、これは人間を相手にする夜の仕事だからこそのメリットと言えるでしょう。 ホストに遊びに来るお客様には様々なタイプの人間がいます。 カッコイイプレイヤーたちと擬似恋愛をし、ドキドキしたときめきを体感したいという目的で来る女性もいますし、お酒を飲みたいという女性もいます。 前者の場合は少し距離を詰めて甘いトーンで会話をしていかなければなりませんし、後者の場合はお酒をたくさん飲むこと、そしてユーモアのある会話を心がけることが大切になります。 このようにお客様のニーズに合わせてどんな接客をしていくかを変えていかなければならないので、プレイヤーたちには人間を見る目が養われていきます。 基本的に指名をされた場合は会話に集中すれば良いので、お酒作りやその他のサポートはヘルプに任せます。 しかしお客様によってはヘルプではなく指名プレイヤーにお酒を作ってほしいという人や、タバコの火をつけてほしいという人もいるので、そういった場合にも柔軟に対応していかなければなりません。 このようにただ会話をすればいいという単純な世界ではないのです。 広い視野を持ってお客様に接し、今何を求めているのかを考えながら行動しなければならないというのは、他の職業では身に付けるのは難しいでしょう。 お客様との距離が近い夜のお店だからこそできることです。 人間力が磨かれることで、お客様の気持ちを考えながら接することができ、心をつかんで自分のファンにすることも可能です。 次に華やかな世界の主役になれるということです。 ホストクラブでは定期的にイベントが開催されています。 特に誕生日イベントとなると、対象のプレイヤーが主役となるので、たくさんのプレゼントをもらえたり、指名ももらえて売り上げをアップさせられます。 お客様に尽くす仕事ですが、その時ばかりは自分がお店の中でも主役というポジションに立てるので、しっかり稼ぎながら楽しく仕事ができるのです。 最後にやりがいを感じられるということですが、これは精神論ばかりではありません。 実際に頑張った分収入として自分に入ってくるので、たくさんの札束を見て自分の努力の結果を実感できます。 このように実力をしっかり評価してもらえるからこそ、やりがいを感じて前向きに仕事に取り組めるのです。

シャンパンタワー

ホストでバイトする前に知っておきたい、業界用語

水商売では夜の世界にしか分からない業界用語がいくつかあります。 お客様がいる席で一般的な言葉を使うと失礼にあたる場合があるので、分からないように濁すためにも必要なものです。 これは接客を重んじる夜の世界が生み出したテーブルマナーだと言っても良いでしょう。 では実際にどんな業界用語があるのでしょうか。 まずは永久指名ですが、これはホストならではの営業スタイルのことです。 ホストでは一度指名したらその後変えられないというのが基本です。 しかし中には指名替えを許可しているお店もあるので、一概にすべてのお店が永久指名を行っているとは言えません。 キャバクラなどの他の水商売にはないホストならではのシステムなので、働こうと思うのであれば覚えておきましょう。 次に爆弾ですが、これはプレイヤーの情報をお客様にリークしたり、言ってはならない情報を広めてしまうことを指します。 爆弾は他のプレイヤーたちからの反感を買うので基本的には誰もしません。 ただ指名を横取りしようという営業スタイルの人の場合は爆弾を投げてくる可能性もあると覚えておきましょう。 この他にも様々な業界用語がありますが、挙げ始めたらきりがありません。 普段はあまり使わないような言葉は追々覚えておくことにし、基本的な言葉だけ予習しておきましょう。 予習しておくことで、実際に夜の世界に飛び込んだ後でも焦らず対応できます。 テーブルについたら、ホストでは指名プレイヤーとヘルプという風に複数人が1つの席につきます。 指名プレイヤーは会話に集中し、ヘルプがサポートとしてお酒を作る役割を担うからです。 その際にヘルプだからと言って一切会話をしないわけではありません。 先輩ホストから業界用語を投げかけられることがあるので、テーブルマナーとしてわきまえておくことが大切です。 バイトか常勤かというのは、夜の世界では関係ありません。 お客様からすれば1人のプレイヤーであることに変わりはありませんし、気に入れば指名もしてもらえます。 だからこそバイトでも大金が稼げるという夢のある仕事なのですが、売り上げをのばすためにはただお客様に気に入られるだけでは不十分です。 一緒のお店で働く人たちはライバルではありますが、困った時には支え合う仲間でもあります。 一緒に売り上げを作ってお店を盛り上げていくことが重要なので、業界用語を覚えて営業中にお客様だけではなく、先輩たちに失礼のないように対応していきましょう。

キャバ嬢

夜が好きならキャバクラやホストのボーイもおすすめ

夜の仕事と言えばホストやキャバクラのキャストを思い浮かべる人も多いのですが、実際はそれだけではありません。 キャストたちのサポートにまわり、お店が円滑に営業ができるように働きかけてくれる「ボーイ」という仕事もあります。 このボーイの仕事ですが、いくつかの役割を持っています。 まずはキャストの管理ですが、いわゆるマネージャーのようなことをします。 その日にどれだけお客様が呼べる見込みなのかを確認したり、時にはキャストたちの悩み相談などにものってメンタルケアも行います。 こうしたマネージャーがいるからこそ、キャストたちはお客様の前で笑顔で接客ができるのです。 次に店内の様子をしっかり観察し、トラブルの発生を未然に防ぐことです。 店内ではお酒を飲んでいるお客様も多いので、気が大きくなってトラブルに発展することも珍しくありません。 ホストの場合はお客様が女性なので、例え暴れるようなことがあったとしてもプレイヤーたちが自分で対応できる場合もあります。 しかしキャバクラの場合はお客様が男性なので、力では勝てません。 お触り禁止なのにもかかわらずボディタッチをしてきたり、無理矢理迫ってきたりするようなこともあるでしょう。 こういった際にお客様の迷惑行為からキャストたちを守るのもボーイの仕事です。 最後に雑用ですが、これは店内の仕事はもちろんのこと、ドリンクを運んだり、会計をしたりというような様々な業務があります。 キャストたちは営業中はお客様の接客に集中します。 そのためできるだけドリンクの準備はヘルプやボーイに任せ、お客様をほったらかしにしないように気を付けているのです。 そうやって接客に集中できるのも、ボーイがいるからこそ成り立っています。 内勤がメインですが時には送迎なども行います。 裏方での雑用がほとんどですが、これによって華やかな世界が生み出されているのですから、やりがいを感じられる仕事とも言えるでしょう。 ボーイは接客業務ではないので、指名などの歩合は給料につきません。 そのためキャストたちのように一晩で大金を稼ぐというような夢のある稼ぎ方ではありませんが、内勤で働いていくうちに昇格をすることもあります。 一般的な社会人であれば昇格も数百円~数千円という世界ですが、夜の世界は給料が倍になるということも珍しくありません。 雑用をしていてもこういった目に見える形で努力が評価してもらえるので、やりがいを感じられると言えるでしょう。

氷

ホストは未経験でも大丈夫?向いていない人はいる?

ホストは華やかな世界で働き、たくさんの収入が得られる夢のような仕事だと憧れている男性もいるでしょう。 そのためやってみたいという興味はあるものの、夜の世界をまったく知らない人からすれば、やっていけるのかどうか不安に感じてしまうこともあります。 確かにホストの仕事は人間相手なので、いろんなお客様に出会います。 優しくて対応しやすい女性もいれば、ホストに対して無茶な要求をするような女性もいます。 その場に合わせた臨機応変な対応が求められるので、向き不向きはあるでしょう。 しかし夜の世界はやる気さえあれば未経験でも挑戦できる仕事です。 特別なスキルや経験は一切必要ありません。 それらは働いているうちに身に付いてくるものですし、外見も徐々に磨いていけば夜の世界の顔になっていきます。 だからこそお店側も未経験だけれどやる気があるという人を採用してくれるのです。 しかし、どんなに興味があっても向いていない人がいるのも確かです。 例えば人間嫌いだという人です。 普段は人見知りをしてしまうという場合でも、仕事となると接客ができるという人はいます。 それならば問題ないのですが、仕事中も人見知りをしてお客様と話せなかったり、人間嫌いだからと言って接客を拒むようでは仕事は務まりません。 次にお客様との約束を守れない人です。 ホストの売り上げは、お客様の数に比例すると言っても過言ではありません。 指名をもらうためにも同伴やアフターをすることもありますし、休み時間でもメールの相手をしなければならないこともあるでしょう。 開店時間だけ仕事をするというようなスタイルでは、お客様はどんどん離れていってしまいます。 自分のお客様の心をしっかりつなぎ止め、そこから給料に結び付けるためにはどうするのかを考えながら仕事をするのがホストです。 ただモテたい、給料が欲しい、有名になりたいというような願望だけ持っていても、それを実現させることはできません。 一流のホストたちはモテたいという気持ちを持つだけではなく、そのためにはどうすれば良いのかを考えて行動しています。 つまり願望に合わせた目標を自分の中で設定しているのです。 だからこそ誰もが知っているような有名人になれたり、一晩で数百万円という大金を稼ぐことも可能なのです。 誰でも挑戦できる仕事ですが、誰もが成功できるとは限りません。 仕事内容には向き不向きがありますし、たくさんお客様を抱えていることを理由に、特定のお客様との約束を忘れてしまうようでは信頼も失ってしまいます。 こういったことがないようにまずは目標を掲げ、それに対して何をしなければならないのかを考えていけば、人気は後からついてきます。

ホストバー

水商売ってどんな仕事を指すの?

水商売というのは、本来は先の見通しが立ちにくく、収入が不確定な職業のことを指します。 だからこそ「水」という言葉が使われており、代表的なもので言えば日雇い労働者や農家、漁師などが挙げられます。 しかし徐々にそういった意味で水商売という言葉を使う人が少なくなり、現代では夜間営業でお酒を出す飲食店のことを指すことが多くなりました。 夜間営業でお酒を出している仕事にはいろんな種類があります。 まずはキャストが男性で構成されているホストクラブです。 来店するのは多くが女性客で、接客をしながら楽しいムードを演出するのがメインの仕事となっています。 次に女性がキャストとして働いている仕事ですが、まずガールズバーが挙げられます。 ガールズバーというのは対面接客がメインの仕事で、キャバクラのようにお客様の隣に座って接客をするということはありません。 キャストが自らお酒を作り、目の前のお客様に提供しながら会話をして楽しみます。 そしてキャバクラですが、一言にキャバクラと言っても種類がいくつかあります。 まずはニュークラブですが、これはキャバクラの高級版と言えるものです。 ニュークラブは少し敷居が高いこともあり、給料も高めに設定されています。 その分お客様に対する接客の質も高く、富裕層や少し年齢が上の大人の男性が多く訪れます。 次にセクキャバですが、これはお触りを許可しているお店のことを指します。 一般的なキャバクラは女の子に対するお触りは禁止ですが、セクキャバはお触り前提のお店なので、利用料金も高めです。 また体を張った仕事ということでキャストたちにも給料が高めにつけられます。 ホストクラブもキャバクラも、どちらも時間制での料金システムがほとんどです。 60分4000円というようにテーブルチャージがあり、そこから延長をもらうことで売り上げをのばしていくのです。 しかしそれとは違ってドリンク制を採用しているのがラウンジやスナックです。 ラウンジやスナックはドリンクをボトル購入してもらうことで売り上げを作るので、どれだけの時間滞在していても時間でお金をとられることはありません。 またキャバクラと違うのは、ラウンジとスナックにはママがいるということです。 このママはいわゆる店長と同じ立場の人間で、お店の経営はもちろんのこと、キャストの管理なども行っています。 その上現場にも出てくるのが特徴です。 このように水商売にはいろんな種類がありますが、それぞれがシステムが違うので、働く側も遊びに行く側も違いを理解しておく必要があります。