夜の仕事と言えばホストやキャバクラのキャストを思い浮かべる人も多いのですが、実際はそれだけではありません。
キャストたちのサポートにまわり、お店が円滑に営業ができるように働きかけてくれる「ボーイ」という仕事もあります。

このボーイの仕事ですが、いくつかの役割を持っています。
まずはキャストの管理ですが、いわゆるマネージャーのようなことをします。
その日にどれだけお客様が呼べる見込みなのかを確認したり、時にはキャストたちの悩み相談などにものってメンタルケアも行います。
こうしたマネージャーがいるからこそ、キャストたちはお客様の前で笑顔で接客ができるのです。

次に店内の様子をしっかり観察し、トラブルの発生を未然に防ぐことです。
店内ではお酒を飲んでいるお客様も多いので、気が大きくなってトラブルに発展することも珍しくありません。
ホストの場合はお客様が女性なので、例え暴れるようなことがあったとしてもプレイヤーたちが自分で対応できる場合もあります。

しかしキャバクラの場合はお客様が男性なので、力では勝てません。
お触り禁止なのにもかかわらずボディタッチをしてきたり、無理矢理迫ってきたりするようなこともあるでしょう。
こういった際にお客様の迷惑行為からキャストたちを守るのもボーイの仕事です。

最後に雑用ですが、これは店内の仕事はもちろんのこと、ドリンクを運んだり、会計をしたりというような様々な業務があります。

キャストたちは営業中はお客様の接客に集中します。
そのためできるだけドリンクの準備はヘルプやボーイに任せ、お客様をほったらかしにしないように気を付けているのです。
そうやって接客に集中できるのも、ボーイがいるからこそ成り立っています。

内勤がメインですが時には送迎なども行います。
裏方での雑用がほとんどですが、これによって華やかな世界が生み出されているのですから、やりがいを感じられる仕事とも言えるでしょう。

ボーイは接客業務ではないので、指名などの歩合は給料につきません。
そのためキャストたちのように一晩で大金を稼ぐというような夢のある稼ぎ方ではありませんが、内勤で働いていくうちに昇格をすることもあります。
一般的な社会人であれば昇格も数百円~数千円という世界ですが、夜の世界は給料が倍になるということも珍しくありません。
雑用をしていてもこういった目に見える形で努力が評価してもらえるので、やりがいを感じられると言えるでしょう。